Scientific Journey

私の冒険記録。たまに回り道。

Arduino ADXL345 が動いた!!

今回使用するのはADXL345加速度センサです!

日本で秋月にて購入をしましたADXL345を使ってI2Cで加速度を図ってみたいと思います。

配線

配線ですが、秋月で購入の場合は主にADXL345の4個所に配線すればいい感じでした。
しかも、内部抵抗が10KΩはいっているので特にプルアップの回路にしなくても大丈夫です。

まずVSSとVDDをつなげる

ADXL 345 Arduino Uno
GND GND
VDD 3.3V
SCL A5
SDA A4

このような感じになります。

コード

こちらのサイトよりADXL345を同じく動かしている方から拝借させていただきました。
いろいろ試してみましたが、このサイトのコードのみが動いてくれました。

#include <Wire.h>
 
// デバイスアドレス(スレーブ)
uint8_t DEVICE_ADDRESS = 0x1D;  
 
// XYZレジスタ用のテーブル(6byte)
uint8_t RegTbl[6];  
 
void setup() {
  Serial.begin(9600); 
  
  // マスタとしてI2Cバスに接続する
  Wire.begin();       
 
  // DATA_FORMAT(データ形式の制御) 
  Wire.beginTransmission(DEVICE_ADDRESS);  
    // DATA_FORMATのアドレス    
    Wire.write(0x31);
    // 「最大分解能モード」 及び 「±16g」 (0x0B == 1011)
    Wire.write(0x0B);  
    // 「10bit固定分解能モード」 及び 「±16g」にする場合 (0x03 == 0011)
    // Wire.write(0x03);
  Wire.endTransmission();
 
  // POWER_TCL(節電機能の制御) 
  Wire.beginTransmission(DEVICE_ADDRESS);  
    // POWER_CTLのアドレス    
    Wire.write(0x2d);
    // 測定モードにする
    Wire.write(0x08);  
  Wire.endTransmission();
}
 
void loop() {
 
  // XYZの先頭アドレスに移動する
  Wire.beginTransmission(DEVICE_ADDRESS);
    Wire.write(0x32);
  Wire.endTransmission();
  
  // デバイスへ6byteのレジスタデータを要求する
  Wire.requestFrom(DEVICE_ADDRESS, 6);
   
  // 6byteのデータを取得する
  int i;
  for (i=0; i< 6; i++){
    while (Wire.available() == 0 ){}
    RegTbl[i] = Wire.read();
  }
 
  // データを各XYZの値に変換する(LSB単位)
  int16_t x = (((int16_t)RegTbl[1]) << 8) | RegTbl[0];
  int16_t y = (((int16_t)RegTbl[3]) << 8) | RegTbl[2];
  int16_t z = (((int16_t)RegTbl[5]) << 8) | RegTbl[4];  
 
  // 各XYZ軸の加速度(m/s^2)を出力する
  Serial.print("X : ");
  Serial.print( x * 0.0392266 );
  Serial.print(" Y : ");
  Serial.print( y * 0.0392266 );
  Serial.print(" Z : ");
  Serial.print( z * 0.0392266 );
  Serial.println(" m/s^2");
 
  delay(100);
}

実行結果


www.instagram.com

最近、paper workがおおすぎて、半田づけの腕が落ちたかもしれない。
もともとそんなに上手じゃないのでかなりぐちゃぐちゃですね。

近日、周波数特性を自動で計測できるMatlabコードを作るかもしれません。

参考サイト

参考サイトの皆様、ありがとうございます。
www.petitmonte.com

忘備録:論文の図を作成する際の注意

指導教官によるガイドライン

以下、図を作成する際にはIllustrator にて、気をつけるべきことをまとめてみた。

  • 画像サイズ
    • width = 83mm(single column)
    • width = 170mm(double column)
  • Font Size > 7pt
  • text Myriad Pro
  • Line width > 0.75
  • Reduce number of color

図作成したら、指導教官に送って、意見をもらうのが一番早い方法

ON-OFF-ON トグルスイッチとArduinoを使ってみるよ!

トグルスイッチでやってみたい事

f:id:an-modoki:20170706155130j:plain
今回はこの生協で買ってきたON-OFF-ONトグルスイッチを使ってみたいと思います。
このトグルスイッチを切り替えて、Arduinoの動作を切り替えようと思います!

実際にやってみた事

トグルスイッチを切り替えると、シリアル通信で表示されるメッセージが切り替えられるよ。
f:id:an-modoki:20170706154956p:plain

配線方法

夏バテで配線図を書く気力がないです。すみません。
f:id:an-modoki:20170706155023j:plainf:id:an-modoki:20170706155029j:plainf:id:an-modoki:20170706155034j:plainf:id:an-modoki:20170706155039j:plain

プログラム

こちらがArduinoに書き込んだプログラムです。

//ON-OFF-ONのトグルスイッチの切り替えによって動作を変える

int val,val2 = 0;           // トグル:読み取った値を格納する変数
int n, n2, n3 = 0;          // トグル:読み取った特定値の回数をカウント
int Flag = 0;               // トグル:どの切り替えがされているかが格納

void setup() {
  Serial.begin(9600);        // シリアル通信の初期化
}

void loop() {
  val = analogRead(3);    // アナログピンを読み取る
  val2 = analogRead(5);    // アナログピンを読み取る

  if(val == 673 || val == 674){
      n ++;
      if(n >= 5){
        n = 0;
        n2 = 0;
        n3 = 0;
        Flag = 1;
      }
    }
    
   if(val2 == 673 || val2 == 674){
      n2++;
      if(n2 >= 5){
        n = 0;
        n2 = 0;
        n3 = 0;
        Flag = 2;
      }
  }

  if(val != 673 && val2 != 673){
      n3++;
      if(n3 >= 10){
        n = 0;
        n2 = 0;
        n3 = 0;
        Flag = 0;
      }
  }

  //トグルOFF
  if(Flag == 0){
    Serial.println("OFF");
  }
  //トグルA3 ON
  if(Flag == 1){
    Serial.println("A3 ON");
  }
  //トグルA5 ON
  if(Flag == 2){
    Serial.println("A5 ON");
  }
}

【PsychoPy】Textコンポーネントにて、文字列と変数の中の文字列を一緒に表示する。

Textコンポーネントの表示について

今まで、変数の中の文字と、Text コンポーネントに直接書き込んだものを
一緒に表示する方法がわかりませんでした。
が解決したので書きます。

用意するもの

  • BodySite.xlsx

内容はこのような感じで書く
f:id:an-modoki:20161027080721p:plain

実装

Text コンポーネントの中身

f:id:an-modoki:20161027081308p:plain

  • 文字列の中身
"Put "u'%s'" on display" % $Body_site

繰り返し条件trialsの中身

f:id:an-modoki:20161027081644p:plain

結果

f:id:an-modoki:20161027081444p:plain

この表示がHand,Forearm....と繰り返します。

【PsychoPy】制限時間内にMagnitude Estimationさせる。

制限時間付きのMagnitude Estimation法の実装

前回に引続き、Magnitude Estimation法 第二弾。
今度は60秒間の5秒毎にどれくらい痛いかの反応を取ります。

実装

コンポーネントの設定について

rating

カスタム

marker=u'triangle', size=1.5, pos=[0.0, -0.4], low=0, high=1, precision=100, showValue=False, markerExpansion=0, scale=u'', singleClick=True, showAccept=False, textColor='Gray', markerColor='Black'
No Pain

f:id:an-modoki:20161027064745p:plain

Worst Pain

f:id:an-modoki:20161027064826p:plain

Time

f:id:an-modoki:20161027065012p:plain

  • 文字列の部分
u'%d' % $(6-trialClock.getTime())

flowの設定

f:id:an-modoki:20161027065119p:plain

  • trialsの中身

f:id:an-modoki:20161027065209p:plain

結果

f:id:an-modoki:20161027065302p:plain

f:id:an-modoki:20161027065328p:plain

【PsychoPy2】Magnitude Estimation法をAnalog Scaleで反応をとる。

今回はBuilder ModeのみでPsychoPyでMagnitude Estimation法を実装します。

今回使用したのは、PsychoPy2のv1.84.0です。
Magnitude Estimation方の評価の仕方は、Analog Scaleでの軸を表示して、
実験参加者の感じた量の大きさを推定して、評価してもらいます。

以下にMagnitudeEstimation法の解説があるので、参考にどうぞ。
http://www.sd.seikei.ac.jp/blog/wp-content/uploads/2012/03/5df02368bb90b47ac174222c938f0a91.pdf

では、早速実装します。
今回は0をNo Pain、1をWorst Painとします。

実装(Builder Mode)

1. コンポーネント設定

以下のコンポーネントをルーチンの中に配置します。
上から順に

  • Rating Scale (rating)
  • Text component (NOpain)
  • Text component (Worstpain)

※カッコ内は今回設定した名前です。
f:id:an-modoki:20161026091626p:plain

2. コンポーネントの中身の設定

次に各々のコンポーネントの設定。

  • Rating Scale (rating)

プロパティ>カスタムに以下を記述します。

marker=u'triangle',size=1.5, pos=[0.0, -0.4], low=0, high=1, precision=100, showValue=False, markerExpansion=0, scale=u'', singleClick=True, showAccept=False, textColor='Gray', markerColor='Black'
  • Text component (NOpain)

f:id:an-modoki:20161026091922p:plain

  • Text component (Worstpain)

f:id:an-modoki:20161026092011p:plain

実行結果

画面

f:id:an-modoki:20161026092109p:plain

f:id:an-modoki:20161026092136p:plain

Excelファイル

f:id:an-modoki:20161026092354p:plain

rating.responseが0.61になっています。
もし0から100で評価をしたいのであれば、100倍すればOKです。

【Arduino】Parallax HB-25 Motor Controlを使ってみるよ

今回は大きめな電流を流せるモータドライバを使ってみます。

用意するもの

  • HB-25 Motor Driver

akizukidenshi.com

  • テスター
  • 可変電源(6V)流せるもの
  • Arduino Uno

配線

HB-25 つなげる場所
W Arduino 9 pin
R Arduino 5V
B Arduino GND
+ 可変電源+
- 可変電源ー
M1 モータ+側
M2 モーター側

プログラム

こちらに素晴らしい先駆者がいました。
Reefwing Robotics: Parallax HB-25 Motor Control Library for Arduino
Servo.hを使ってコントロールをしていきます。

私が使ったコードはこちら

#include <Servo.h>

#define REVERSE       1000
#define STOP          1500
#define FORWARD       2000
#define HOLD_OFF_TIME 8
#define controlPin 9

Servo servo;

void setup(){
  // HB-25 initialisation time (5ms)
  delay(5);                                           
  pinMode(controlPin, OUTPUT);
  // Set control pin low on power up
  digitalWrite(controlPin, LOW);
  //serial confirm
  Serial.begin(9600);
}

void loop(){
  // Attach HB-25 to the control pin & set valid range                    
  servo.attach(controlPin, 800, 2200);
  servo.writeMicroseconds(STOP);
  Serial.println("Stop");
  delay(5000);
  
   // Attach HB-25 to the control pin & set valid range                    
  servo.attach(controlPin, 800, 2200);
  servo.writeMicroseconds(FORWARD);
  Serial.println("Forward");
  delay(5000);
  
  // Attach HB-25 to the control pin & set valid range                    
  servo.attach(controlPin, 800, 2200);
  servo.writeMicroseconds(STOP);
  Serial.println("Stop");
  delay(5000);
  
   // Attach HB-25 to the control pin & set valid range                    
  servo.attach(controlPin, 800, 2200);
  servo.writeMicroseconds(REVERSE);
  Serial.println("Reverse");
  delay(5000);
  
}

結果

コマンド M1 M2
STOP 0 0
FORWARD + -
REVERSE - +

今回は可変電源から6V流したので、6Vが出力されています。
コマンドによって、電源の流れる向きが制御できます。